昭和の娯楽でお金儲け

切手

高価格のプレミア切手

昭和の時代には、切手収集が趣味の一環として流行していました。祖父母が趣味でコレクションしていた切手が、家に眠っている方も多いのではないでしょうか。もしも、あるならば、価値がわからない者が持っているよりも、切手買取業者を通じて、コレクターの手に渡った方が切手も嬉しいと思います。切手買取は、主に中古品買取業者が行っています。郵便局へ持っていき、手数料を支払って新しい切手と交換することも可能かと思いますが、切手の中には額面よりも高値で取引されるプレミア切手が存在しているため、郵便局よりも中古品買取業者へ持ち込んだ方がいいでしょう。切手には、国事の際に記念として発行される記念切手、テーマに沿ってシリーズ化される特殊切手、それ以外の普通切手があります。普通切手だからと言って安値がつけられるわけではなく、発行数が少ないものは、それだけでプレミアがついていたりするのです。普通切手でも明治大正時代のものは現存数が少なく、高値で取引されます。特殊切手の中で特に人気なものは「日本三景」などです。そして、最近テレビで放送されるほど、切手買取業界の中でも高額なものとして有名なのは、中国切手です。中には、1枚のバラもので10万円以上の高値が付くものもあります。なぜ、中国切手がそれほど人気なのかというと、文化大革命の中、市民が切手を収集する事が禁じられていただけでなく、それらを国外へ持ち去ることも禁止され、かなり希少価値があるためです。中国切手の中でも「赤猿」や「オオパンダ」は特に高く売れます。これを機に、切手買取をしてもらうことを検討してみてはいかがでしょうか。