買取り初心者の注意点

切手

買取方法の選択は慎重に

お家にある不用品を処分する場合、物によっては業者に買取ってもらう選択肢もあります。ハガキや封筒など郵便物を送る際に欠かせない切手も、専門の業者や古物商に買取ってもらえますし、運が良ければ買取り金額が一枚数万円にもなったりしてお得です。ただ捨てるだけではゴミになってしまうだけなので、切手が沢山ある、物置から古い切手が見つかった、といった場合には切手買取業者を利用してみましょう。切手買取業者を利用するには、お近くの店舗に直接切手を持ち込む店頭買取、ネットや電話帳から見つけた業者に連絡してスタッフに出向いてもらう出張買取、さらに宅配便で業者に切手を送る宅配買取、などといった方法があります。基本的に切手の枚数に応じて、量が少なければ店頭買取、コレクションしていた切手のように数が多ければ出張か宅配買取、というように使い分けると便利です。ここで初心者が気をつけたほうがいいのは、出張買取や宅配買取を選択する場合には業者選びを疎かにしない事です。切手の価値というのはその希少性に応じて複雑なものであり、とても素人では判別が付きません。そのため切手買取の査定価格については業者任せになります。そのため中には足元を見て、高額な切手をわざと安く見積もって買取る悪徳な業者もあります。大手の業者の場合には業者の営業に悪影響がでるので極力トラブルを避けるように努めてくれるので、心配な場合にはそうした業者を選んでください。どの切手買取方法であっても、切手を業者が査定して買取金額を提示し、それに納得したら業者から料金を受け取って売買契約となります。つまり査定金額に不満があるのであれば、売る必要はありません。出張買取も出張料は基本的に無料です。特に切手買取を急いでいるわけでなければ、いくつかの業者に査定だけ依頼して、その中から一番高い買取金額を提示した業者に売る、というのも一つの手です。